2018ミス・スプラナショナル・ジャパン静岡代表が決定 エンジニアの黒田秀世さんに栄冠

 

2018ミス・スプラナショナル静岡大会が3月31日(土)にで開催。静岡代表にはエンジニアの黒田秀世さん(24)が選出された。 静岡大会には日本代表のナショナルディレクターを務めるスティーブン・ヘインズが駆けつけ、大会を盛り上げた。

 

トップ3

ウィナー 黒田秀世さん

2位 川澄彩乃さん

ミス・オーディエンス 川澄彩乃さん

ミス・ベストスイムウェア 諏訪文乃さん

 

Advertisements

2018ミス・スプラナショナル・ジャパン兵庫代表が決定  モデルの片山真理さんに栄冠

 

2018ミス・スプラナショナル兵庫大会が3月31日(土)にホテルクラウンパレス神戸で開催。兵庫代表にはモデルの片山真理さん(25)が選出された。 今年、日本大会へ出場する他の都道府県から4名の代表が会場へ駆けつけ、兵庫大会に花を添えた。

「群衆の胸が弾む音楽」がコンセプトのバイオリニスト、そしてピアニストとして国内で活躍する籠谷紗季さんも兵庫大会に応援に駆けつけ、美しい演奏を会場いっぱい、そして一人一人の心へと届けた。

トップ3

ウィナー 片山真理さん

2位 吉原香月さん

3位 原穂里さん

「競う競争ではなく、共創」を合言葉に大会を盛り上げ、成功させた2018スプラ兵庫大会。

2015年日本代表の竹内美絵子さんの出身地である兵庫県。再び日本代表がこの地から誕生するのか?

 

5月6日(日)日本大会の楽しみがまた一つ増えた。

2018ミス・スプラナショナル・ジャパン神奈川代表が決定 モデルの矢田百恵さんに栄冠

2018ミス・スプラナショナル神奈川大会が3月28日(水)にパセラリゾーツ 横浜関内で開催。神奈川代表にはモデルの矢田百恵さん(20)が選出された。

12名のファイナリストたちは、様々な世界大会で活躍した元日本代表5名からレッスンを受け、大きな成長を見せるハイレベルな戦いとなった。初の神奈川大会は150名以上が来場客し、70名以上がアフターパーティーに参加するなど大成功。2016年ミス・スプラナショナル日本代表の長嶋里沙さんがディレクターを務めることでも注目を集めた。

2017年ミス・スプラナショナル日本代表の越川友貴さんと2017年ミスター・スプラナショナル日本代表の植草孝規さんが司会を務め、スプラらしいあたたかい空気が会場に流れた。さらに、今年日本大会へ出場する他の都道府県から8名の代表が駆けつけ、神奈川大会に花を添えた。

【トップ5】

ウィナー 矢田百恵さん

2位 蛭田麻弥 さん

3位 和田ジェサスさん

4位 クロル アリス さん

5位 倉田 カサンドラ リンさん

【特別賞】

フォトジェニック賞 – 蛭田麻弥さん

ソーシャルメディア賞 - 森理恵さん

ベストタレント賞 - クロル アリスさん

ビューティフルスキン賞 - クロル アリスさん

トップモデル賞 - 和田ジェサスさん

パーソナルボディラボ賞  - 蛭田麻弥さん & 矢田百恵さん

 

既に国内だけでなく世界のミスコンファンの間でも注目を集めている2018年神奈川代表の矢田百恵さん。さらに成長した、彼女の2ヶ月後が楽しみだ。 最後に2018年神奈川大会のディレクターを務め昨日まで突っ走ってきた長嶋里沙さん、そして彼女を支えた仲間やスタッフに感謝の気持ちと「お疲れ様でした」という一言を送りたい。

2018ミス・スプラナショナル・ジャパン九州地区代表の7名が決定

(福岡市) 先日、2月24日(土)に福岡の大名MKホールで開催されたミス・スプラナショナル・ジャパン九州大会。

この日は事前に選ばれた11名のファイナリストがステージへ、中には沖縄や広島から駆けつけるファイナリストも。

既にフランチャイズホルダーによって選出された熊本代表の森田真以さん、宮崎代表の田上奈都さん、長崎代表の長岡里奈さんも会場に駆けつけ大会を盛り上げた。大分代表の小川果歩さんは海外研修のため欠席。 会場は満席、レベルの高い地方大会となり最後の最後までウィナーの予想は困難。 審査の結果、佐賀代表に野口さとみさん、鹿児島代表に清田彩さん、福岡代表に原田陽子さんが選ばれた。

昨年は九州地区から日本大会へ出場した代表は4名、今年は各都道府県から7名が参加するなど九州地区も大きな成長を見せる。

あるミスコン関係者は九州大会について「ミスコン専門のトレーナーが指導し、短時間でファイナリストを成長させ、これだけあったかい大会は初めてです」と語った。

幸運なことに九州地区の代表になったミスは、4月にマニラで開催される世界6番目に数えられるマニラファッションフェスティバルのランウェイを歩く。そこで、さらにフィリピンのミスコン専門トレーナーからトレーニングを受ける予定だ。

ミスコン大国で開花した九州代表のファイナリストが5月6日(日)Tokyo FMホールで開催される日本大会でトップ5、いや日本代表に輝くのかもしれない。ぜひ注目していただきたい。

日本国内で唯一10名の日本代表を生み出したミスコン大会

ミス・スプラナショナル・ジャパン 国内で唯一

10名の日本代表を生み出したミスコン大会

 

2017年の日本大会出場者から9名、2016年の日本大会出場者から1名。

合わせて10名のミスが2017年度の世界大会へ出場を果たしました。

この偉業はミス・スプラナショナル・ジャパンだからこそ達成できたことです。

それでは、ここで10名の日本代表を紹介させていただきます!

The Class of 2017 of Miss Supranational Japan has produced NINE beauties who competed in various international beauty pageants.  Together with ONE member of the Class of 2016, Miss Supranational Japan had sent a total of TEN women who carried the Japan sash with dignity and pride.

Let’s get to meet all of them!

 


 

2017 ミス・スプラナショナル日本代表 

越川友貴

世界大会 トップ25入賞

Yuki Koshikawa (Miss Higashi Tokyo) competed in Poland for Miss Supranational 2017. She was part of the Top 25.


 

2017 ミス・グローブ日本代表 

清水絵未里

 

Emiri Shimizu (Miss Saitama) competed in Albania for THE MISS GLOBE 2017.


 

2017 ミス・ツーリズム・インターナショナル日本代表 

星美紗貴

 

Misaki Hoshi (Miss Ibaraki) competed in Malaysia for Miss Tourism International 2017.


 

2017 ミス・インターコンチネンタル日本代表 

宮前久美

 

Kumi Miyamae (Miss Chiba) is currently in Egypt for the 46th Miss Intercontinental contest.  The pageant was originally scheduled for December of last year in Sri Lanka.


 

2017 ワールド・ミス・ツーリズム・アンバサダー日本代表 

佐藤仁美

世界大会 トップ21入賞・ミス ツーリズム アジア特別賞

Hitomi Sato (Miss Miyagi) competed in the Philippines for World Miss Tourism Ambassador 2017.


 

2017 ミス・グローバル日本代表

井嵜綾

 

Aya Izaki (Miss Hyogo) competed in Cambodia for the Miss Global 2017 competition.


 

2017 ミス・ユナイテッド・コンチネンツ日本代表

堤唯香

世界大会 ベスト ナショナル コスチューム賞3位

Yuika Tsutsumi (Miss Nishi Tokyo) competed in Ecuador for The Official Miss United Continents 2017. She won 3rd Place in the National Costume category.


 

2018 レイナ・インターナショナル・デル・カフェ日本代表

平山奏那子

 

Kanako Hirayama (Miss Kyoto) competed in Colombia for the 47th Reinado Internacional del Café.


 

2017 ミス・スーパータレント日本代表

和地摩耶

 

Maya Wachi (Miss Wakayama) went to Korea for the Miss Super Talent 2017.


 

2017 ミス・アジア・パシフィック日本代表 

園田悠希

世界大会 トップ10入賞

Meanwhile, Yuki Sonoda (Miss Kagoshima 2016 and 1st Runner-up at Miss Supranational Japan 2016) was appointed to compete at the 2017 Miss Asia Pacific International, which was also held in the Philippines.  She was Top 10.

 

今後もミス・スプラナショナル・ジャパンへの応援やサポートをよろしくお願い致します。

Misaki Hoshi to compete in Miss Tourism International 2017

Misaki Hoshi to compete in Miss Tourism International 2017

 

 

Miss Supranational Japan 2017 2nd Runner-up, Misaki Hoshi will compete in Kuala Lumpur, Malaysia as the official representative of Japan at the 20th Miss Tourism International competition.  Pageant activities will start on November 17th, and the finals will be on December 6th.

 

2017ミス・ツーリズム・インターナショナル日本代表に選ばれた星 美紗貴さん(25)はシンガポールでツーリズム・ライターとして活躍しています。 2017ミス・ツーリズム・インターナショナル世界大会は12月6日(水)にマレーシアで開催され、大会はマレーシアの観光を盛り上げることを主な目的としています。

星さんは先週5月6日(土)に浦和で開催された2017ミス・スプラナショナル日本大会へ茨城代表として出場。地方大会を勝ち抜いての参加ではなく、ワイルドカードとして出場しました。それでも、大会期間中のトレーニングやリハーサルで仲間達と切磋琢磨し、自分に自信を持ち3位に輝くことができました。その大会で最高のルームメイト、そしてメンターにも出会いました。

「ミス・ツーリズムインターナショナル世界大会に出場することが決まったのですが、それもこんなにみんなの思いの詰まったスプラのお陰なので、全部を背負って世界一を目指します。7ヶ月あればできる、チームで世界一を目指します!」 漆黒の夜空が暗ければ暗いほど、星は明るく輝き、未来への道を照らす。
地方大会で結果が出せず、一度は諦めかけた星さん。今は最高のチームに支えられ、迷わず輝くことができる。
« Older Entries